HOME > FXそのものについて

~インターネットに接続できない場合の対処~

いまでは、家庭でインターネットをすることが当たり前にになっていますから、ネットワークやインターネットの仕組みを意識する必要も無く、インターネットが利用できます。

インターネットを申し込むと、接続や設定まですべて業者が行ってくれる為、障害が発生したその時からすべてが謎になってしまいます。

「いままでインターネットできていたのに、突然できなくなった」

このような場合が多くありますが、接続形態や設定方法も様々で、インターネット接続に関するトラブルは増える一方です。

また原因も様々な要因が考えられますので、ユーザーがプロバイダやパソコンメーカーにサポートを受けるために電話してみると、いろいろな操作や確認手順を言われ、言われるままに確認や設定をしてみても結局うまくいかず、プロバイダやパソコンメーカーなど、あらゆるところに電話するはめになった・・・ということもよくあることです。

そこで今回はそういった事でお困りのユーザーの為に、比較的簡単な原因の切り分け方法をご紹介致します。

1、電源、ケーブルの確認

・モデム、ルータの電源は入っていますか。電源ランプは点灯していますか。
・モデム、ルータに異常ランプが点灯していませんか。
・ケーブルが抜けていませんか。
・間違ったところに挿していませんか。

ここでよくあるケースがあります。

モデムやルータの電源ランプも正常で、異常ランプもついていないが、モデムやルータすべての電源を入り切りすることで正常になることがあります。要因としては

・モデム、ルータが機能していない。フリーズしている。
・プロバイダとの通信が途切れ、再接続できない。

頻繁にこの症状がある場合、モデムの交換、もしくはルータの交換が必要です。契約にもよりますが、モデムの場合は回線契約先からのレンタルの場合が多いので無償で交換してくれる場合があります。

2、パソコンの接続確認

パソコンの接続状況を確認しましょう。画面右下、時計などが表示されているタスクバーの通知領域に

・パソコンのアイコンに赤いバツが付いていていませんか。
・「優先ワイヤレスネットワークに接続できません」と表示がでませんか。

または「スタート」- 「コントロールパネル」-「ネットワーク接続」を開くと

・「ローカルエリア接続」に赤いバツが付いていていませんか。
・「ワイヤレスネットワーク接続」に赤いバツが付いていていませんか

ここで考えられる要因としては

有線(ケーブル)で接続している場合。

・ケーブルが挿さっていない。
・ケーブルが断線している。 

無線で接続している場合。

・無線親機から電波が届く範囲から外れている。
・親機の設定、セキュリティなどで接続できていない。
・親機もしくはパソコンに接続されている子機が故障している。

また「スタート」-「コントロールパネル」-「ネットワーク接続」を開くと

・「ローカルエリア接続」、「ワイヤレスネットワーク接続」のアイコンが無くなっていませんか。

この場合、パソコンがLANアダプタ(無線の場合は子機)を正しく認識していません。説明書などをご覧いただき、再度ドライバのインストールを試みて下さい。また、正常にインストール出来ない場合は故障もしくはシステムの不具合の為、リカバリにてWindowsを再度インストールが必要な場合があります。

3、通信の確認

ネットワーク状況を確認します。

パソコン、ルータなどはIPアドレスと言われる識別番号を持って通信をしています。IPアドレスにて通信しているか確認します。「スタート」-「すべてのプログラム」-「アクセサリ」-「コマンドプロンプト」を起動します。黒い画面が出ましたら、「ipconfig」と入力し、Enterを押します。

・IP Addressが0.0.0.0と表示されている場合

IPアドレス取得出来ていません。つまり識別番号を持っていない為、通信できない状況です。再度ルータの設定やパソコンのIPアドレスの設定が必要です。ルータの設定は各メーカー様々ですが、説明書からDHCP機能の設定を施す必要があります。またはルータに設定されているIPアドレスにあわせて、パソコン側にもIPアドレスを設定する場合もあります。

・IP Addressも正常に取得出来ているのに接続できない場合

正常なアドレス「例えば 192.168.*.* (*は任意)」の場合、考えられる要因は

・デフォルトゲートウェイのアドレスが違う
・ルータとパソコンのネットワークアドレス違う

両者ともに再度パソコン側のIPアドレスの設定を見直し、再設定しなければなりません。

また、ルータとの通信が確立しているか確認します。

「スタート」-「すべてのプログラム」-「アクセサリ」-「コマンドプロンプト」を起動します。

黒い画面が出ましたら、「ping *.*.*.*」と入力し、Enterをおします。

(ここで「*.*.*.*」の部分は先程の「ipconfig」に表示がでた「Default Gateway」の値を入力します。

・「Reply from…」とでればルータとの通信が確立しています。
・「Request timed out」と出た場合、ルータとパソコンのネットワークアドレス違う、

もしくはデフォルトゲートウェイのアドレスが違うと考えられます。

4、その他の原因

・ウイルスによるもの

ウイルスに感染すると種類にもよりますが、メールを大量に送信したり、ネットワークを通じて他のパソコンへ感染しようとするなどネットワークの負荷が増大します。その結果、

・インターネットが繋がりにくい。
・以前よりインターネットが遅くなった。

などの症状がでます。インターネットをするパソコンにはウイルス対策ソフトをインストールしましょう。

・スパイウェアによるもの

スパイウェアがパソコンに入る事により

・スタートページが変更され元に戻せなくなる
・決まったページが表示される

などの不具合が発生する事もあります。最近の市販のウイルス対策ソフトにはスパイウェアに対策されているものもありますが、削除できない場合があります。

・ウイルス対策ソフト

最近のウイルス対策ソフトは非常に外部からの進入に対して強固になってきています。しかしながら、強固すぎるためルータとの通信すら遮断することが多々あります。

最近ウイルス対策ソフトをインストールした、もしくはウイルス対策ソフトをバージョンアップしてからインターネットが出来なくなった場合、可能性は大きいです。

まずはウイルス対策ソフトのファイヤウォールを無効にして下さい。多くの場合がこれで直ります。もし直らない場合は一度アンインストールをし、インターネットに繋がるか確認して下さい。